ミニシュナ糖尿病犬マーヤとその娘達。そして新たに皮膚病シーズーが加わり更に賑やかに!?そんな日々の出来事とおぎわんの徒然を・・・・

  いつかは ワンだふるのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ナナ リンパ腫(消化器型) > ストレス  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレス

2007 - 05/24 [Thu] - 12:54

看護するのは難しい。


義父の時もそうだった。入院中、抑制されてる義父は解放してあげるとよく身体をかいた。


まず、病院に行くと開放し、クリームを塗ってあげた。(看護師さんは当てにならなかった)出来るだけ毎日通った。


でもそれからは?言葉がない義父が、どうすれば楽なのか・・・わからなかった。食べたいものもわからなかった。


義父は私が誰かもわかってはいなかった。


生前、最後にお会いした日は、手を握ってあげると、強く握り返し、目で、「ありがとう」と確かに言ってくれた。そんな事ははじめてだった。嬉しかった。帰りの車で涙があふれた。


数日後、義父はひっそりと・・・逝ってしまった。義父らしかった。


 


何も語ってはくれないナナ。


やはり、看護は難しい。


今日、11時に嘔吐。


昨日も同じ。だんなおぎわんが注射を打った直後に嘔吐です。


病院から帰った時もそう。車で数分の距離を必死で我慢してるのだろう。車から降りて直ぐに下痢と嘔吐。


その前は、40分ほど留守にした時だった。帰宅した時、ナナは実にすまなそうな顔をしていた。不思議に思った。何故?あんな顔を?洗面所に行って謎は解けた。下痢と嘔吐があった。


ストレス。


それが引き金となって嘔吐。


ストレスで我慢出来なくなる様です。


数日前から、ナナは気分が悪くなると口をパクパクする仕草をします。おそらく、気持ちが悪いのを我慢しようとしているのでは・・・と主治医に言われました。


夜中に何度もその仕草をするも、朝までたえ続けるナナ。


打ってる注射は2本。


ガスターはさほど痛がらない。胃薬だからこれは続けたい。


抗菌剤の注射は痛いらしい。


回復手術の痕、2週間後に抜糸はしたものの、まだ少し心配な状態だ。


でも、明日は止めようと思う。


様子を見ることにした。


私達が嘔吐させてるなんて。。。そんな事は許せない。


この次はもう、抗がん剤は効かないかもしれない。そしたら再び、腫瘍は巨大化し、嘔吐が続く悲惨な状態に陥るかもしれない。


 


お義父さん。お陰様で今のところナナは静かです。このままでよろしくお願いします。


 


ナナの抗がん剤。


ロイナーゼ(L-アスパラギナーゼ)


抗がん剤の一種ですがこれは他の抗がん剤とは少し異なり、がんの栄養になる物質を枯らすという働きがあり副作用はほとんどありません。遺伝子に結びついて、がん細胞の細胞分裂を止める薬です。

人に比べ、動物には比較的副作用の少ない薬です。


ナナには副作用は出ていない様です。


次回も打てます様に・・・


効果が持続します様に・・・


ナナが少しでも楽で・・・・居られますように。。。



ナナちゃんがんばってるね。
気持ちが悪くて吐きたいけどはけない状態もかわいそうですよね。

申し訳なさそうにしてる
ナナちゃんはなんて健気なんでしょう。

少しでも楽にすごせるよう
お薬が効くといいですね。

コメントありがとうございます♪

v-22サトボンママさん
ナナが少しでも楽に・・望みはそれだけです。今日はずっと家に居てくれたけど(暑いからかな?)3時過ぎたら小屋へ非難しました(==)

どうしてあげることが、ナナちゃんにとって一番良いのでしょうね。
少しでも楽なように、少しでも長くそばにいて欲しい・・・本当にそう思います。

深く大きな愛で結ばれていると、愛する人のために頑張るんですね。
以前お話しました義母は老衰でした。点滴は生理食塩水のみ、水分の補給のためでした。
医師からは今日か明日と、思うようにと何度も言われましたが、私達はその度に義母を励まし続けました。
そうすると、血圧、体温、心拍などが安定するんです。もちろん私達は義母の頑張りを喜び、誇りにさえ思いました。
そういうことが何回かあった時、看護士さんが言われた言葉が、私達のその後を変えました。
「みなさんが、あまりに頑張れと言うので、お母様はなかなか逝けないんですよ。」
ショックでした。できればいつまでもいて欲しいというこちらの思いを否定されたようで・・・。
それからみんなで話し合い、頑張って・・・という言葉は言わないことにし、代わりに感謝の言葉と充分頑張ってくれたのだから、楽になってもいいんだよ・・・というようなことを、話しかけました。
義母が逝ったのはその日のお昼ころでした。
ただの偶然と言えばそうかもしれません。でも私達は義母は安心して旅立ったと信じています。

ナナちゃんに当てはめて・・・ということではないんですよ。
ただナナちゃんはおぎわんさん達の気持ち、充分汲み取っていると思います。
長くなってしまいました。ごめんなさいね。ずっと頑張り続けている、おぎわんさんとナナちゃんを敬服しています。

コメントありがとうございます♪

v-22ルナママさん
敬服なんてとんでもない(><)
たどり着くところは同じですね。
私もナナに頑張れとは言えませんから。
ナナには「大丈夫。大丈夫」って声かけてます。「ナナのいい様にしようね。」って今日は何度も言いました。
ナナも私も一日も長く。。。と頑張ってるつもりはないんですよ。
今日がいい日なら、それでいいんです。今日がいい日になるように、おぎわんは最善の努力をしたい。それだけです。
ただ、もう、ナナを喜ばせる事が思いつかなくて・・・

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamarya.blog60.fc2.com/tb.php/197-3f4b2258

 | HOME | 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最近のトラックバック

最近のコメント

プロフィール

おぎわん

Author:おぎわん
訪問ありがとうございます。お気軽にコメント頂けたらうれしいです♪

ミニチュアシュナウザーのマーヤは糖尿病です。その娘たちモスラとコニー。そして新たに加わった我が家のぺちゃわんシーズーのあいっこもよろしくね~
わんこ以外にも、人生の後半戦を楽しむおぎわんの徒然を。。。

わんこの誕生日
マーヤ:1999年1月24日生まれ
モスラ:2001年5月26日生まれ
コニー:2001年5月26日生まれ
あいっこ:2000年10月27日(推定8歳?我が家に来た日を誕生日としました)


そして、ボス犬ナナの闘病記。読んでみて下さい。
ナナ享年11歳(19年5月26日没)
リンパ腫(消化器型)発症後14週間、闘病わずか7週間の記録を残し虹の橋を渡りました。


にほんブログ村 犬ブログへ




幸せワンコを目指すお友達


Dixie & Eggi さんのブログ

Dixie & Bibi ちゃんのブログ

ちゃこぽんさんのブログ

蜜柑さんのブログ

ライ麦さんのブログ

ちえさんのブログ

トップさんのブログ

プラハ汁さんのブログ

オリーブさんのブログ

もか王さんのブログ

レオンママさんのブログ

ぺるろーのママさんのサイト

ぴっぴさんのブログ

Gabbie さんのブログ

るーくままさんのブログ

Oiraさんのブログ

リズママさんのサイト

kyonkさんのブログ

ごろこさんのブログ


ワンクリック募金

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。