ミニシュナ糖尿病犬マーヤとその娘達。そして新たに皮膚病シーズーが加わり更に賑やかに!?そんな日々の出来事とおぎわんの徒然を・・・・

  いつかは ワンだふるのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ナナ リンパ腫(消化器型) > ナナの十戒 10章  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナナの十戒 10章

2007 - 05/17 [Thu] - 01:41

10. Go with me on difficult journeys. 
  最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。 
  Never say, "I can't bear to watch it ." or " Let it happen in my absence." 
  「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」 
  なんて言わないでほしいのです。 
  Everything is easier for me if you are there. 
  私はあなたが一緒にいるだけで私にはどんなことでも安らかに受け入れられま
す。 
  Remember,I love you. 
  そして………どうか忘れないで。私があなたを愛していることを。 

                                 Author Unknown 作者不詳

これは、犬の十戒の10章です。


ねぇ。ナナ?!


普通のわんこはこうして欲しいらしいんだけど。。。


ナナは?


違うの?これじゃ駄目なの?


ナナの10章


最期の旅立ちの時には、そばに来ないで下さい。


誰にも見られたくないのです。


そっと遠くから見守って下さい。


でも、どうか忘れないで、ちゃんと愛してるから。


 


ナナの10章はこんな感じ?


古風なわんこだから?


そっとしといて。って?


その方が楽なのかい?


ナナの視線が・・・・ほっといてって言ってて。。。


痛いほど突き刺さるんですけど・・・・。


 


誰か・・・・教えて。


点滴は?


そんなに辛いの?


まだ歩けるんだよ!点滴があった方が楽なんだよ(人間はね)


 


外は雨。外には出られないでしょ。


今夜は点滴。


中止だね。好きに動いていいよ。


でも、ごめんよ。ポカ水だけは与えるよ。点滴の代わりだから。


ごめんよ。ナナ。


点滴の針。外したよ。


ナナに点滴しないから。好きに寝ていいよ。って話したら、


ようやく、私の側に


来てくれました。


ありがと。


ナナ。


 


ナナを、以前霊視してもらったことがあります。


250年くらい、わんこにしては随分長く眠ってたそうです。長いこと生まれて来たくなかった。らしいんです。


前世は、随分広い野原に住んでたらしい。人に甘える事など出来なかった時代。


もしかしたら、最期は人間の食餌だった?(だから人間があまり好きではないのかも?)でも、家族の事は大好きですよ。って


これ以上は、聞けなかった。


家族の事は・・・もっと聞けなかった(^^;


だからナナを見ていただいたんんだけどね(汗)私ってどうよ?!


 

はじめまして。
私は今年、シーズーの男の子を癌(脾臓の血管肉腫)で亡くしました。心臓の疾患もあった為強い抗がん剤は使わず、ステロイドで3ヶ月頑張りました。段々食べられなくなり、スプーンやシリンダで水や流動食を与えました。幸い、ナナちゃんのような嘔吐はなかったので、最期まで少しずつではあるけど、与えることができました。でもいよいよ、脱水となり、点滴をするか・・・となったとき、入院してしなければならないと言われ、ずっとそばに居ると決め、点滴はやめました。
その頃から痛みが出てきて、痛くて鳴く子に痛み止めのシロップを飲ませ。。。とうとう、シロップもまったく効かなくなった時、もうこの苦しみを続けさせるのはあまりに残酷だと思い、安楽死の決断をしました。皆で見守る中、安心したように旅立っていきました。
今でも後悔はしていません。
ナナちゃんは、おうちで点滴できるんだし、少しでも楽になるのならしてあげたいよね。
一日でもナナちゃんが楽にすごせるよう、そばに居て見守ってあげてくださいね。
それが一番の薬だと思います。
がんばってください。応援しています。

実家の犬を思い出しました。
ガンで歳をとってるから
手術にも耐えられないでしょうと言われ、いろんなところから出血しても、鳴いて痛がる様子もなく
最後の日を迎える日もちゃんと自力で歩いて外にトイレに行って
父の腕に抱かれて最後一声
遠吠えして虹の橋を渡りました。

たぶんありがとうって言いたかったのかな?父も他界したので
二人は今頃会っていることでしょう

ナナちゃん、がんばれ~。
つらいのかな?点滴??
うっとおしいのかな?

でも、おぎわんさんには
たくさん感謝してると思います。
ずっと一緒にいたいと思ってるよ
そばで寄り添ってなくても
いるってだけでナナちゃんは安心するんですよ。

だから、おぎわんさんも
元気出してがんばってくださいね
これくらいし言えません。。。
ボキャブラリーがない私。
許して・・・。

コメントありがとうございます♪

v-22けいこさん
コメントありがとうございます。けいこさんもシーズー君も沢山の壁にぶち当たりながら、頑張ったのですね。
後悔してない・・一番のお見送りが出来て幸せでしたね。
私は安楽死は延命治療と同じ線の上にあるのだと思っています。
動物の世界では安楽死はない。といいますが、延命治療もないはずですから。
ナナは消化器型リンパ腫で幸いあまり傷みを伴わない癌なのです。
皮肉にも、点滴を止めてみたら、嘔吐の間隔が倍に延びました。
ナナの言う通り、そのまま。がいいのかもしれません。
ずっと側で見守る。もうそれしか出来ることはないみたいです。
今日もナナの苦しみが少ない事を、祈るばかりです。


v-22サトボンママさん
そうですか、お父様の腕の中で・・
最期に一声。時々聞きますね。たくさんお礼が言いたかったのでしょうね。
許して・・だなんて。
本当に皆さん優しくて・・・
こちらが恐縮してしてしまいます^^ もう、ナナの好きにさせようかと、思っています。
側で見守って欲しい。それで安心してるんですものね。
ありがとう。その一言で救われるなぁ。。。

実は先月義母を亡くしました。その時1~2ヶ月延命するための治療をするか、自然に死を迎えるかを決めなければなりませんでした。兄弟で話し合った結果、自然であることを選びました。結局その決断から半月程で、義母は旅立ちました。
私たちは今、その時の決断は正しかったと思っています。
人と動物は違うかもしれません。人は言葉がありますから・・・。
でも私たちは知識を持っています。動物が死を悟った時、自らどいう行動をとるか・・・ということ。

残酷な話になりましたが、ナナちゃんは犬としての最期を迎えたいのかもしれませんね。おぎわんさんに少し離れたところから見守られ、たくさんのありがとうに包まれて・・・。
でも反面、私思うんです。都合の良い考えと言ってしまえばそれまでですが、ナナちゃん、本当に最期の時はおぎわんさんの腕の中にいたいんじゃないかって・・・。
ナナちゃんがおぎわんさんの側に来てくれたことに、大きな意味があると思います。
長くなってごめんなさい。

友達のわんは自分の最後を悟ってか居なくなったらしいです。どこを探してみ見つからなかったって。
ナナさんがそうだとは言いません。
どれがナナさんにとっていいのかも分かりません。
でもきっとナナさん、おぎわんさんの傍で抱かれて最後を迎えたいんだと思う。
だからって点滴止めてって云えないよ。
嘔吐ってすごく辛いもん。
シュナが嘔吐したとき、すごく申し訳なさそうな顔してね。それが未だに忘れられない。悪くないのにね。
おぎわんさんの傍に居たいんだと思うよ、いつも。

そっかぁ・・・
ナナちゃんは距離を取りながら付き合っていきたいのね・・
でもおぎわんさんのこと絶対見てると思うし・・
ナナちゃんの為を思ってしてあげてることもちゃんと理解してると思うよ~
やっぱり色々分かってるんだよね~ナナちゃんは
でもでも・・・そっとして欲しいのかもしれないね・・
おぎわんさんの愛情を感じてるよ~
誰よりも誰よりも・・・
ナナちゃんは家族が好きなはずだからね!!

コメントありがとうございます♪

v-22ルナママさん
義母さまを・・・そうでしたか。。私も義父を2月に亡くしました。延命拒否でした。
ナナは自分で選んでいるように思います。ナナの意思をくんで、旅立つ時は器械に繋がれない姿で見送りたいと思っています。
ナナが私の側に来てくれた事が、この上なく嬉しくて(涙)
ナナの気持ちを尊重してあげないと・・
ただ、歩けるナナをもう少し守れないものかと・・・
悔しいです。悩みます。

コメントありがとうございます♪

v-22シュナままさん
点滴やめたら、嘔吐の回数が減ったなんて、、皮肉でしょ(TT)
今、庭に出た時、とうとう裏へ回ってしまいました。シュナちゃんと同じ。あの申し訳なさそうな顔がね。。家に居ても・・歩く度に何か言われる?怒られる?と心配しながら歩いてるの。
犬本来の習性は見られずひっそりと最期。ですよね。(シュナからは想像つきませんが)
ナナはそんなタイプのわんこだけに。。悲しいです。


v-22ルルママさん
ナナとはずっと距離を保って暮らして来ました。隣でよしよしは嫌だけど、会話に自分が出てくると嬉しそうにチラミしてたり、そんなシャイで賢いナナです。大好きな気持ちはお互い十分に分かってる^^
ただ、今日をどう過ごしていいものやら。。今も点滴ナシで。横になっているナナです。これでいいのでしょうか?本当に?(号泣)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamarya.blog60.fc2.com/tb.php/187-7e67055d

 | HOME | 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

最近のトラックバック

最近のコメント

プロフィール

おぎわん

Author:おぎわん
訪問ありがとうございます。お気軽にコメント頂けたらうれしいです♪

ミニチュアシュナウザーのマーヤは糖尿病です。その娘たちモスラとコニー。そして新たに加わった我が家のぺちゃわんシーズーのあいっこもよろしくね~
わんこ以外にも、人生の後半戦を楽しむおぎわんの徒然を。。。

わんこの誕生日
マーヤ:1999年1月24日生まれ
モスラ:2001年5月26日生まれ
コニー:2001年5月26日生まれ
あいっこ:2000年10月27日(推定8歳?我が家に来た日を誕生日としました)


そして、ボス犬ナナの闘病記。読んでみて下さい。
ナナ享年11歳(19年5月26日没)
リンパ腫(消化器型)発症後14週間、闘病わずか7週間の記録を残し虹の橋を渡りました。


にほんブログ村 犬ブログへ




幸せワンコを目指すお友達


Dixie & Eggi さんのブログ

Dixie & Bibi ちゃんのブログ

ちゃこぽんさんのブログ

蜜柑さんのブログ

ライ麦さんのブログ

ちえさんのブログ

トップさんのブログ

プラハ汁さんのブログ

オリーブさんのブログ

もか王さんのブログ

レオンママさんのブログ

ぺるろーのママさんのサイト

ぴっぴさんのブログ

Gabbie さんのブログ

るーくままさんのブログ

Oiraさんのブログ

リズママさんのサイト

kyonkさんのブログ

ごろこさんのブログ


ワンクリック募金

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。